歯科助手の志望動機を斬る!3

私は患者さんに少しでも不安をなくし、安心させてあげられる歯科助手の仕事はとてもやりがいのある良い仕事だと思いました。
私が子供のころ、歯医者さんが苦手でしたが、歯科助手さんのおかげで通えるようになりました。
なので、私も患者さんに笑顔で帰ってもらえるような安心感を与えられる歯科助手になりたいと思い、志望いたしました。
まだ社会人としては未熟なところもありますが、仕事へのやる気と体力には自信があります。
是非、よろしくお願いします。


24歳の方で歯科助手に転職希望という方とのことです。

では、一つずつ見ていきましょう。

メモ1:定番

私は患者さんに少しでも不安をなくし、安心させてあげられる歯科助手の仕事はとてもやりがいのある良い仕事だと思いました。

定番ですが、思っていることは伝わってきて悪くないと思います。
もちろん、歯科助手の仕事は綺麗ごとだけではないので、私でしたらそのあたりは面接で聞きますね。

メモ2:子どもの頃

私が子供のころ、歯医者さんが苦手でしたが、歯科助手さんのおかげで通えるようになりました。

いわゆるド定番ですね。
子どもの頃の思い出は悪くないのですが、面接する側からすると「いつもの」です。
できれば、もう少し具体的に子どものころの歯科医院での話を入れたほうが良いと思います。

メモ3:なので、

正しい日本語で言うと、色々と表現はありますが
せめて「ですので」ですね。

メモ4:仕事へのやる気と体力には自信

仕事へのやる気と体力には自信があります

歯科助手が体力のある仕事だということは面接する側は知っているわけです。
実際に体力があるかどうかは別にしても「歯科助手は体力がいる」ということは知っているのは好印象です。

更に面接のときに学生の時に部活動などで体力がある話ができると良いですね。
逆に面接で「高校の時にバスケ部に入ったのですが、辛くてすぐに辞めて・・」というような話が出た時には矛盾しているので逆にマイナスです。

歯科助手の面接を多数経験しているとはいえ、一歯科医師の個人的な意見です。ご了承ください。


posted by ドクター at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手の志望動機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。