普通抜歯の診療介助 手順 後編

普通抜歯の診療介助 手順 後編

今回は前回に続いて「抜歯の診療補助」です。

抜歯の手順を追いながら
歯科助手さんの診療介助の動きに注目していきましょう。

まだ前編を読んでいない人は
普通抜歯の診療介助 手順 前編



4 鉗子で歯を抜く

歯を鉗子でつかんで抜きます。

ヘーベルで脱臼している歯を抜く場合にはすんなり抜けます。

ですが
歯によってはヘーベルで脱臼させずに
鉗子だけでゆっくり動かして抜く場合があります。
(歯科医師によっては、こちらが多い場合もあるでしょう)

ゆっくりゆっくり動かして抜いていますので
歯科助手さんもゆっくりゆっくり待ってください(笑)

このときに歯科助手さんには
普段のようにヘーベルで脱臼してる歯をつかんでいると思って
次の鋭匙を用意している時がありますが
いつもと違う抜き方なんだ
と思って待ってくれると歯科医師としても気が楽です。


5 抜歯窩を掻爬(ソウハ)する

抜歯窩(バッシカ)とは抜歯した後の穴のことです。

簡単に言うと
抜歯窩の中に残っている悪いものを掻きだします。(ソウハします)

個人的には
掻き出しているときにバキュームで吸ってくれると楽ですね。

経験のある歯科助手さんの中には
すごいソウハする時と全然しない時がある
と疑問に思っている歯科助手さんもいるかと思います。

これは、考えれば当然のことですが
抜歯カのなかに悪いもの(不良肉芽、異物)があるかどうかです。

ですから
根が膿んでたり、歯周病が重度で抜く時には徹底的にソウハします。
逆に
虫歯でもないのに矯正治療に必要で抜歯したときなどにはほとんどしません。

歯科医師によって考え方は違うと思いますが
いわゆる歯科の教科書的にはそういうことになっています。
(少なくとも私はそうしています)


6 縫合

歯によって縫合する時としない時があるかと思います。
縫合の際の注意点は
歯科助手さんの診療介助 縫合を見てください(準備中)


posted by ドクター at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手診療介助 抜歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。