歯科助手検定 後編

歯科助手検定 後編

歯科助手さんに関連する代表的な資格の一つです。

今回は、この「歯科助手検定」の基本的なことを
前回の「歯科助手検定 前編」に引き続いて見ていきましょう。



病院 試験はいつ行われてるの?

6月、8月、10月、12月、2月の年に5回です。



病院 過去問題とかは売ってるの?

一般の本屋さんなどには売っていません。
ただし
日本歯科助手検定協会」に直接問い合わせると
300円で買うことができます。
(送料は別途200円)



病院 具体的にはどんな問題が出るの?

例えば

Q1 軟化象牙質の除去の際に使用する器具を1つ選びなさい。

1.骨バー
2.スプレッダー
3.スプーンエキスカベーター
4.マトリックスバンド


Q2 次の歯科材料のなかで仮封材を1つ選びなさい。

1.リン酸亜鉛セメント
2.アルジネート印象材
3.コンポジットレジン
4.ストッピング

といった感じの問題です。

まぁ、この程度の問題ならば
歯科助手を半年くらい経験していれば余裕でしょう。

逆に、半年以上の経験があって
この問題が「何を言っているのかわからない」という歯科助手さんは
歯科助手の本などを読んで知識を整理するのを薦めます。

そのままだと、
仕事は普通に出来るのかもしれませんが
今の勤めている歯科医院を辞めたときに何も知識が残りませんよ。


病院 結論として受けたほうがいいの?

経験年数ごとに分けて考えてみましょう。


晴れ 2年以上の経験のある歯科助手さん

こういった経験のある歯科助手さんで
受験したことの無い方にぜひ受けてみて欲しいですね。

特に複数の歯科医院で働いたことのある歯科助手さんは
器具や治療法を色々と知っているでしょうから解きやすいでしょう。


晴れ 半年や1年くらいの経験の歯科助手さん

ちょうど、歯科助手の仕事も慣れてきて
自分の歯科医院のことは何でもわかる」ようになってきた頃ではないでしょうか?

働き始めの頃のような新たな発見が最近はないな
淡々と仕事をこなすだけになってきたな

と感じている人には「勉強するきっかけ」になると思います。


晴れ 働き始めの歯科助手さん

残念ながら、
歯科助手検定を受検したからといって、今の時期の仕事は楽にはなりません。

働き始めで
覚えなければいけないことがいっぱいある
状態の歯科助手さんは、まだ受験する段階ではないでしょう。

毎日の仕事を一つ一つ覚えたり
頭が混乱して本当に困っている人は
歯科アシスタントMY BOOKデンタルアシスタントマニュアル 歯科臨床の基礎
を購入して読むほうが先ですね。


晴れ これから歯科助手さんになろうとする人

歯科助手の専門学校に通っている人は
まさしく、そんな状態で受験しているわけですが。

専門学校に通っているわけではなく
これから歯科助手になろうとしている人は、受ける必要はないと思いますね。

受けようと思う人は
何か勉強して資格をとってから働きたい
という考えでしょう。

その考え自体は素晴らしいのですが
歯科を独学で勉強して、受かるかわからない試験を受ける
というのは、あまりにも効率が悪いのですね。
実務経験も無いわけですから。

やはり、そういったことを考えると
初心者の歯科助手さんはヒューマンアカデミーユーキャンの歯科助手講座などで、きちんと勉強して確実に資格を取るのが理想ですね。


*試験に変更がある場合がありますので、詳細は受験する前に必ず確認してください。



posted by ドクター at 08:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歯科助手の資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもたいへん参考にさせていただいてます。突然の書き込み失礼します。歯科助手をやり始めて1年くらいになります。日本では国家資格ではないですが、他の国だと国家資格であると聞きました。その辺は詳しいですか?よかったら教えてください。また、日本でたとえ民間であったとしてもとった資格を海外で認定してもらえたりするのでしょうか??よろしくお願いします。
Posted by ma at 2006年11月06日 23:47

はじめまして。

お力になりたいのですが、海外の歯科助手事情には詳しくないのですよ。

お役に立てなくて、すいません。


ただ、良い機会なので少し調べてみました。

確かに
「海外で歯科助手として働く」
ということに関しての記載はネット上でも非常に少ないですね。

一つだけ、カナダで働く方の情報を見つけたのでリンク先を記載しておきます。

http://www.canadajournal.com/backnumber/0501/column_livein.html

国によって違うのでしょうけど
カナダでは「歯科助手」は「無資格」と「有資格」に分かれているようですね。

日本で「歯科衛生士」の資格を持っている方が
カナダで無資格の歯科助手として働いてから現地で「歯科助手」の資格をとっています。

このことから考えると
日本の「歯科助手」をカナダで認めてもらえるということは残念ながら無いでしょう。

他の国でも厳しい可能性が高いと思います。


「資格」については書かれていませんが、
他にシンガポールでの歯科助手さんの記載もありましたのでリンク先を記載しておきます。

http://www.jac.com.sg/Japan/F0102_dream_job_detail.php?id=56

あまり、maさんのお役に立てずに申し訳ありません。
今後、歯科助手の海外事情についてわかりましたらコメント欄や記事にしていきたいと思います。
Posted by 歯科助手.com at 2006年11月07日 08:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。