九州初の男性歯科衛生士誕生へ

県歯科医師会立鹿児島歯科学院専門学校(西孝一校長)の卒業式が10日、鹿児島市照国町の同校で行われた。
歯科衛生士科と歯科技工士科の計52人がそれぞれ3年と2年の課程を修了し、九州初の男性歯科衛生士を目指す
熊本県人吉市出身の秋山陽平さん(32)も学びやを巣立った。4日に国家試験を受け、28日の合格発表を待っている。

秋山さんは、高齢化が進む中、介護などの分野で歯科衛生士のニーズが高まっていることに魅力を感じているという。
「介護の現場では力がいる。体力のある男性だからこそ可能性が広がる」と将来に夢をはせていた。

西校長も、式で「歯科医療は介護などの分野にも役割が広がっている。選んだ道に誇りを持ってほしい」
とはなむけの言葉を贈った。県歯科医師会の森原久樹会長と鹿児島大歯学部の杉原一正学部長も卒業生を祝福した。


歯科衛生士と歯科助手では少し事情は異なりますが、
歯科業界において、色々な意味で前進したと思う嬉しいニュースですね。


posted by ドクター at 11:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 歯科の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私は21歳で美容師アシスタントをしています。

しかし入社直後からアレルギー、手荒れがあまりにもひどく
転職を考えています。
これからユーキャンもしくはニチイで
資格をとって歯科助手として
働いていきたいと思うのですが…
今からでも大丈夫でしょうか?
漠然とした不安があり
コメントさせていただきました。
他に相談ができる専門の方が周りにいないので…
Posted by あいく at 2012年04月02日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。