患者さんの誘導1 患者さんを呼ぶ 前編

患者さんの誘導1 患者さんを呼ぶ 前編

患者さんを呼ぶときに
注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。

簡単なことのようですが
この呼ぶ声や呼び方で、
その歯科医院の雰囲気や患者さんの印象も大きく違います。

逆に他の歯科医院での経験者を雇ったときに
どう呼ぶかで、仕事ができるかどうかの目安になるくらいです。


では、呼ぶときのポイントはなんでしょう?

1 はっきりとした発音で呼ぶ
2 笑顔で迎えて、丁寧に
3 患者さんの目を見て
4 急がせない

こう書くと、当たり前のことのようですが
すべてを完璧に出来ている歯科助手さんはなかなかいません。


1つずつ詳しく見ていきましょう。


1 はっきりとした発音で呼ぶ

自分が行った病院で
名前をゴニョゴニョと呼ばれたらどうですか?

まず、気分が悪いですし
歯が痛くて不安な人は更に不安になりますね。

そして、はっきりと呼ばないと
誰が呼ばれているのかわかりません。

病院にとって
患者さんの人違いは医療ミスにつながりますので
必ず、はっきりと呼びましょう。

特に
「佐藤」「山田」「鈴木」さんや
家族でいらっしゃっている人は同じ苗字なので注意です。

そういう意味でも
病院によって呼び方はいろいろと違いますが
フルネームで呼ぶというのが理想だと思います。
(ほとんどの歯科医院がフルネームだと思いますが)


2 笑顔で迎えて、丁寧に

患者さんは、貴女が考えているより
ずっと不安な気持ちでいっぱいです。

私自身も時々、内科などにかかりますが
患者さんを呼ぶときの対応というのは、それぞれですね。

1ついえるのは

流行っている病院ほど笑顔で丁寧に呼ばれます

もちろん大学病院などの例外もありますけどね(笑)

これは

笑顔だから流行っている
丁寧に名前を呼ぶから流行っている

のではなく、当たり前の対応なのです。

こういった当たり前の対応ができるということは
他の「当たり前の対応」もきちんと行っているでしょう。

それすら出来ない横柄な病院から
患者さんが離れていっているのです。

そして
笑顔で丁寧に患者さんを呼ぶ歯科助手さん」は、
他の仕事もデキる人がほとんどです。

貴女の周りでも、忙しいからといって
忙しそうに患者さんを呼ぶ歯科助手さん」は
イライラしながら、バタバタと仕事をしていませんか?(笑)


34患者さんの誘導1 患者さんを呼ぶ 後編



タグ:歯科助手
posted by ドクター at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さんの誘導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。