受付の対応「あと何回で終わりますか?」

あと何回くらいで終わりますか?

帰り際の患者さんに聞かれることがあるでしょう。

さて、何回くらいで終わるのでしょうか?(笑)

病院 安易に答えないようにしましょう

適当に
3回くらいじゃないですかねぇ
と答える歯科助手さんはいないと思いますが

患者さんに「あと3回くらいで終わりますよね?」って言われて
そうですねぇ」と、うなずいた経験はありませんか?

安易に答えるとトラブルの元になります。

なかには、「あと3回の辛抱だ」と思って我慢していたり
仕事を調整して「残り3回なら」と思って
通われている患者さんもいるのです。




病院 担当の歯科医師に確認するのがベストです

正直なところ、医療行為なので
残り〜回」というのは歯科医師でもわからないのです。
明日、思いがけない歯が痛くなる可能性だってあるのですから。

ただ、治療計画として終わりが近づいてきたら

次回、銀歯が入って・・その次に前歯の汚れをとって終わりですね

のように回数がわかることもありますから
やはり担当の歯科医師に聞くのがベストです。




病院 じゃあ、必ず担当の歯科医師に聞いたほうがいい?

上で「歯科医師に聞くのがベスト」と書いてあるのに
矛盾する話になりますが、
聞かないほうがよい場合もあります。

どういうときかと言うと・・

そもそも患者さんは、
なぜ担当の歯科医師に聞かずに受付で聞いたのでしょう?

A:聞くのを忘れていたので、帰り際に聞いた
B:担当の歯科医師に聞きにくかった

・・・そうです、Bの場合ですね。
なかなか担当の歯科医師に聞けないこともありますので
そんな雰囲気を出しているときには察してあげましょう。




病院 ベテランの歯科助手さんはどうしているの?

レベルの高い歯科助手さんはカルテを読むことができます。

汚い院長の字が読めるという意味ではなく(笑)
カルテを理解しているということです。

例えば、病院にもよりますが
フルデンチャー(総入れ歯)の型を取ったときには

1・印象
2・ロウ堤でBT採得
3・試適
4・セット
5・調整(数回)

の流れが多いです。
現在、どこの過程かがカルテを見ればわかるのです。
今日の処置が「2・ロウ堤でBT採得」だとしたら

次の次に入れ歯は完成になります。
その後に何度か調整しますので、もう少しかかりますね


と答えられるわけです。
正直、ここまで答えられれば歯科医師を呼ぶ必要はないかもしれません。

初心者の歯科助手さんは
「そんなにカルテとか読める歯科助手っているの?」
と思うかもしれませんが、
いわゆる「できる歯科助手さん」は間違いなく、こういった対応をしています。

経験と知識がモノをいう対応です。
普段の仕事だけでなく、本を読んだりする必要がありますよ。


タグ:歯科助手
posted by ドクター at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手の受付対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。