診療介助 麻酔 応用

歯科助手として働いていると一日に
何回も麻酔注射の診療介助につくことがあると思います。

「応用」とタイトルについていますが、
レベルとしては経験1ヶ月〜6ヶ月くらいを目安に書いています。

1ヶ月未満の方やこれから歯科助手を始めようという方は
診療介助 麻酔 基本を最初にどうぞ。

病院 麻酔を打っている時は何をすればいいの?

歯科助手さんの行動は3つにわかれますね。

さて、貴女はどれですか?(笑)


1 黙って見ている
2 バキュームで麻酔液を吸う
3 麻酔後に使う器具の用意をする


この中で望ましいのは23でしょうね。

1は1ヶ月以上歯科助手の経験がある人は卒業していたいです。

ただ、現実には

バキュームで吸ってください
抜歯の用意してください

と歯科医師に言われないと、
ずっと麻酔が終わるまで待っている
ベテランの歯科助手さんや歯科衛生士さんもいるのが現実です。

これは自分で意識して動くようにしましょう。
何年経っても同僚や歯科医師から
周りが見えていない人」と評価されますよ(笑)


では23はどちらが良いのでしょうか?

これは歯科医院や歯科医師、その患者さんによっても違うでしょう。

比較的混んでいる歯科医院では3
そんなに混みあっていない歯科医院では2

というのが多いかもしれません。


歯科医院によっては
麻酔の時はバキューム
麻酔の時は器具の用意
と「ルール」として決まっている歯科医院もあるかと思います。


そうでなければ、自分の判断でやっていきましょう。

麻酔液がどうしても漏れることがありますので、
歯科医師の指示にもよりますが、
結構な量が漏れてる感じだとバキュームで吸うのが良いでしょう。

患者さんにとっても苦いだけでなく、「むせる」こともありますので。


逆に経験が増えてくると、
これは「バキュームつかなくて良いな」とわかります。
そんなときは器具の用意をしましょう。



病院 「注射」という言葉を使わない

子どもはもちろんですが、
大人でも怖がって過敏に反応する人がいます。

「麻酔」などの、その歯科医院で使われている言葉を使いましょう。



病院 注射器を患者の視界に入れない

理由は「言葉を使わない」のと同じです。

きちんと、考慮している歯科医師ならば

・左手で子どもの視界を隠す
・裏側から注射器を受け取る
・タオルで目を覆う

などの行為をしていると思いますが
歯科助手さんが無造作に注射器を渡すと全て無駄になります(笑)



銀行 麻酔後に「気分が悪い」

麻酔後に患者さんから
気分が悪い」と言われることがあります。

原因としては色々と考えられるのですが

まずは患者さんの楽な体勢にしてあげましょう。

そして歯科医師に知らせるのはもちろんですが、
自分でも救急時の知識はつけておくのが理想的です。

なかには「救急救命士」の資格を持っている
スーパーな歯科助手さんもいます。

そこまでいかなくても
一度、そういう場面に遭遇したら
「歯科の救急」といった本に目は通しておくと良いですね。

ただ、専門書が多いので
歯科助手さんの知識としては
歯科アシスタントMY BOOKなどに書いている程度で充分かも知れません。
(何をすれば良いかが簡単に書かれていますよ)





【歯科助手診療介助 歯科麻酔の最新記事】
posted by ドクター at 08:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歯科助手診療介助 歯科麻酔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃまします。
貴ブログのいたる所に「歯科助手の診療補助」という表現を使っておられるようですが、歯科医療の現場において診療補助という行為が許されているのは歯科衛生士か看護師のみです。
歯科助手が診療補助をすることは間違いなく違法行為です。
歯科助手に許されているのは「診療介助」です。
あなたが本当に歯科医師なら保健師助産師看護師法・歯科衛生士法を熟読の上、早急に訂正をお願いします。

Posted by 烏賊緒 at 2007年01月02日 01:34
ご指摘ありがとうございます。

できるだけ早急に対応させていただきます。

ありがとうございました。
Posted by 歯科助手.com at 2007年01月06日 06:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。