診療介助 麻酔 基本

歯科医院で麻酔を使わない日はありません。

当然、初めて歯科助手になった日も
麻酔の診療補助につく可能性があります。

そういった人のために「基本中の基本」として書きます。
特に針刺し事故は危険なので。

歯科助手を1ヶ月以上経験がある人は診療介助 麻酔 応用

病院 まずは表面麻酔から

ほとんどの病院では麻酔の時の順序は

表面麻酔浸潤麻酔

だと思います。

簡単に言うと、浸潤麻酔(いわゆる針で刺す麻酔)の前に
針で刺しても痛くないように表面麻酔(塗る麻酔)をするのです。

つまり、歯科医師が「麻酔します」などと言ったら
いきなり注射器を用意するのではなく、まずは表面麻酔を用意しましょう。

そして歯科医師が表面麻酔を塗っている間に
ゆっくり注射器を準備しましょう。

表面麻酔は歯科医院によって
商品名の「ハリケイン」などと呼ばれていることもありますよ。



病院 麻酔は終わった後が一番慎重に

最初のうちは麻酔を打っているのを見ているだけで緊張するものです。

麻酔が終わった時に一息つきたくなりますが、
ここが歯科助手さんにとっては一番大事かも知れません。

針のキャップをしめる(入れる)ときに
手に針を刺さないように気をつけてください。

刺すと痛いから」ではなくて「感染の恐れがあるから」です。

患者さんの中には感染の危険のある疾患をもっている方もいます。
(ご自身で自覚の無い方もいます)

歯科医師が自分でキャップをする歯科医院は良いですが
歯科助手さんがキャップをする歯科医院もあると思います。

基本的には針でキャップを引っ掛けるようにして行うのが
一番安全だと言われていますが、
やり方は歯科医院によって違うでしょう。

自分でゆっくり注射器とキャップを持って行えば
大丈夫だと思いますが、こればかりは慣れても慎重に行いましょう。


初心者の歯科助手さんがやりがちなのが
歯科医師が注射器をもっているのに、
キャップは自分で合わせようとすることです。

初心者なりに「何か役立とう」という気持ちは伝わるのですが(笑)
メチャメチャ危ないので絶対にやめましょう。

万が一、針で自分の手などを刺してしまった時は
大丈夫だろう」「また、ミスしたことで怒られないかな
などと思わずに、歯科医師に言いましょう。

できれば、すぐに内科などで検査をするのが望ましいです。


【歯科助手診療介助 歯科麻酔の最新記事】
posted by ドクター at 08:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歯科助手診療介助 歯科麻酔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのサイト内容を拝読させていただいたことがきっかけで、未経験から歯科助手の仕事を始め、2ヶ月が経ちました。

針刺し事故などでの感染症についてほとんど無知だった為、何の対策も取らずに今まで仕事をしてまいりました。

先日うっかり超音波スケーラの先を引っ掛け、手から出血をしてしまいました。仕事が忙しくなかなか時間が取れませんが、出来るだけ早めに内科へ血液検査を受けに行こうと考えております。(勤務先は労災保険は未加入で、諸検査や感染後の通院などの費用も全て自己負担でするようにと言われました。)

費用を出来る限り抑えたいので検査項目の絞り込みと、ワクチン接種などの参考までに、どのような感染症があるのか詳しく教えていただけませんでしょうか?

また、これから歯科助手になろうと考えていらっしゃる方や、歯科助手初心者の方など向けに、感染症や予防法、麻酔以外の作業に関しての感染予防の為の注意点などをまとめたカテゴリーを作成いただくことは可能でしょうか?
Posted by かむれも at 2009年08月03日 02:11
こんにちは、かむれもさん。

ごめんなさい。コメントの返事から漏れていました・・。
本当にすみません。

今さらですが、大丈夫だったでしょうか?

「感染症や予防法、麻酔以外の作業に関しての感染予防の為の注意点」
は少し考えてみたのですが、意外とボリュームがある内容になりそうです。

メールなどで頂いているリクエストなどもたまっている状態なので、かなり時間がかかりそうです・・・。

気長に待っていただけると幸いです。
Posted by 歯科助手 at 2009年11月03日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。