診療介助 ライト 応用

ライトの当て方の応用編です。

応用と書いてありますが、あくまでも初心者の歯科助手さんや働き始めたばかりの歯科助手さん向きです。


病院 臼歯(奥歯)を当てる時の角度?

患者さんの開口度(口の開き具合)によるのですが
開きが小さい時は、かなりライトの向きは急な角度になります。

斜めに当てたりと初心者の歯科助手さんには
想像も出来ないような当て方が色々とありますので、
これに関しては先輩の歯科助手さんの技を盗んで覚えていきましょう。


病院 上の臼歯を当てる時はミラーに?

上の臼歯のなかで見えにくい歯に関しては
歯科医師はミラーを使用して歯を見る事が多くなりますので、
ライトは歯科医師が使用するミラーに当てる必要があります。

その場合は患者さんの真上か
歯科医師の頭の後ろ(目と同じ方向)からライトを当てることになります。

ただし、ミラーを使用して見るかどうかは
歯科医師によるところが大きいです。
(歯科医師によっては、出来るだけ直接見ようとする歯科医師もいます)

時々しかミラーを使わない歯科医師の場合は
言われたときだけミラーにライトを当てれば良いでしょう。



病院 ライトを当てやすい歯と当てにくい歯?

一般的には左より右の歯の方がライトが当てやすいです。
理由は歯科助手さん側(通常は患者さんの左側)から見えやすいからです。

なので右下は7番であっても当てやすいことが多いです。

逆に左の上の臼歯が一番難しいことが多いと思います。
歯科助手さんから頬粘膜(ほっぺた)が邪魔になっています。

昼休みなどにライトの当て方を練習する時には
左上が当てれるようになるようにしましょう。

また、かなりレベルの高い技術ですが
バキュームで水を吸うだけでなく、ライトの当たりを考えて
頬粘膜(ほっぺた)を広げたりするテクニックもあります。

ベテランの歯科助手さんになると
可能ですので意識してみてください。




【歯科助手診療介助 ライトの最新記事】
posted by ドクター at 08:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歯科助手診療介助 ライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
歯科助手始めてからずっと読ませていただいてました。良かったら教えて下さい。

もう働いて二ヶ月もたつのに未だに一人でアシスタント出来ずにいます。ライトが当たらなかったり、ちょっとモタついてしまうと替わってと言われてしまいます。前のめりになって、歯を見て、先生目線になってライトを入れてるつもりですが、全然だめみたいです。私は向いてないのでしょうか。どんなに頑張っても出来ない人っていますか?私のせいで先生は機嫌が悪く、先輩にも怒られています。どうしたらいいのかわかりません。
Posted by まりか at 2008年01月18日 23:25
はじめまして、まりかさん。

2ヶ月くらいなら問題ないと思いますよ。
主観的な意見になりますが
2ヶ月で向いていないかどうかは判断できないと思います。

「歯科助手に向いていない人」
というのは確かにいます。
ただし、統計を取ったわけではないですが
100人に1人か2人ではないでしょうか。

しかも、歯科助手に向いていないというよりは
「社会人として向いていない(考え方など)」です。

成長の早い遅いというのは確かにあります。
そういった意味では2ヶ月くらいというのは
その差が出やすい時期かもしれませんね。

複数の未経験の歯科助手さんを同時期に採用すると
2ヶ月くらいでは凄く差がつくことはあります。

それは向いているかどうかではないですよ。
ほとんどのケースが1年後くらいには同じくらいになります。

努力している期間が長い分
最初の頃に出来なかったこの方が最終的に上になることの方が多い気もします。

恐らく最初の頃からポンポン出来た子は
途中から努力しなくなるからです。
(更なる課題を与えていくのが指導する方の腕の見せ所だと私は思いますが)

最初の数ヶ月の差は

「要領の良さ」
バキュームなんかも全く苦労しない人もいます。

「教育方法」
実戦で覚えろという方針だと人によっては成長が遅くなる気がします。

「事前準備」
やはり通信教育などで準備している人は教えたときに伸びは大きいように感じます。

といった感じなので
辛いでしょうが、今は我慢して頑張る時期なのかも知れません。

ただし
「機嫌悪く『代わって』という歯科医師」
だと、教わる側は辛いかも知れませんね。

このことに関しては近いうちに
歯科医師への対応「代わって」という感じでアップしようと思います。

参考になったかわかりませんが
こんなところでしょうか?

こうやってちゃんと考える時点で
まりかさんは
「どんなに頑張っても出来ない人」
「向いていない」
という人ではないと思いますよ。
Posted by 歯科助手.com at 2008年01月26日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。