セメント練和 はじめに〜合着用セメントの種類

歯科助手さんが最初につまずきやすいものの1つである
合着用のセメント練和についてです。


病院 合着(ごうちゃく)って?

簡単に言うと、金属(銀歯など)を歯と完全にくっつけることです。

似てる言葉として「仮着(かちゃく)」があります。
こちらは、いわゆる「仮に着ける」ことで外すことができます。



病院 セメントにはどんな種類があるの?

種類自体は結構あるのですが
現在、歯科医院で使われているものは主に2種類だと思います。

1 グラスアイオノマーセメント
2 レジンセメント

のどちらか、もしくは両方を使っている歯科医院がほとんどでしょう。



病院 自分の病院がどちらのセメントかわからない

ベテランの歯科助手さんでも意外と知らない人が多いです。
知らなくても練ることは可能ですが、毎日練るものが何かを知っておくことは大事だと思いますよ。
セメントの瓶などを見ると必ず書いてあるので、明日出勤したら見てみましょう。


簡単な見分け方としては

1 瓶から出して粉と液を混ぜるもの
2 力を入れると出てくる2つのペースト状を混ぜるもの

「ん?」と思い出してみて下さい(笑)
普段使っているのは、どちらかではないですか?

1 がグラスアイオノマー。
2 がレジンセメントである可能性が高いです。

もちろん粉と液を混ぜるものでレジンセメントもありますし、
「グラスアイオノマー系レジンセメント」といった
素人にはわからないような名前のセメントもありますが。


自分の歯科医院がどちらのセメントを使っているのかがわかりましたら、
次に一番大事な実際にセメントを練る時のコツを見ていきましょう。

グラスアイオノマーセメントの練和
レジンセメントの練和


posted by ドクター at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手のセメント練和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。