石膏を外す時は慎重に

石膏をはずす

当たり前ですが、固まった石膏は外します。

大事なことは「割らない」こと。
それだけです。

でも、歯科助手さんにとって更に大事なことは・・・

割ってしまった時の対応」だと思っています。

いや、割らないことにこした事はないですけどね(笑)



では、いくつか大事なことを挙げていきますね。



病院 冷たくなったら外そう

石膏を外すタイミングは石膏が冷たくなってから。

石膏は熱膨張(熱くなりながら膨らみながら固まる)するのです。
つまり、手で触って温かいときは
固まっている途中なので外してはダメです。



病院 あせらずにテコの原理で外そう

硬化した模型はスパチュラ(ヘラみたいなもの)等を使って外します。
テコの原理で外すと基本的には簡単に外せます。

テコの原理で外せない時(石膏が全く動かない時)には
あせって無理に力を入れないでください。
・・・割れます

あせらずに、トレーからはみ出てる石膏を
ハサミみたいな器具で割っていきましょう。

特に下顎の全顎模型などは
内側の真ん中から石膏が垂れていると
非常に割れる確立が高いです。

これが割れた時の責任は「割った人」というより
石膏を垂らした人」にあると思いますが
お互いに責任をなすりつけないようしましょう(笑)



病院 割った時は素直になりましょう

万が一割れてしまったら、すぐにドクターのところにいって
割りました。スミマセン」と言ってください。

仕方のないことなので、怒る歯科医師なんて基本的にはいないですから。
・・・5回連続とかじゃなければ(笑)

壊れた場所によっては大丈夫な時もあります。
噛み合わせに関係の無い部分や
対合歯(噛み合わせを見るためにとった反対側の歯)の時には
問題ないことも結構ありますから。

ここで大事なのは自分で大丈夫と決めつけないことです。
これは初心者の歯科助手さんというより、
慣れてきた歯科助手さんに気をつけて欲しいですね。
必ず歯科医師に確認をしてください。



病院 ダメだったら冷静に電話をしましょう

石膏模型がダメだったら、印象からやり直しになります。
患者さんは帰宅していることがほとんどだと思いますので
電話をして病院に来てもらうことになります。

このときに誠意をもって
不信感をもたれないように伝えましょう。

取らせて頂いた型が悪かったので申し訳ありませんが、
もう一度型をとらせていただきたいのですが・・・


といった感じでしょうか。
割ってしまった」という表現は
落として割った」と想像する患者さんもいますので使わないほうが良いと思います。

ほとんどのケースでは患者さんも怒ったりはしないでしょう。

繰り返しますが、大事なのは「誠意」です。




【歯科助手の石膏注ぎの最新記事】
posted by ドクター at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手の石膏注ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。