受付対応「入れ歯?義歯?」

受付対応「入れ歯?義歯?

さて、みなさんは患者さんの前で
歯科医院内で入れ歯のことを何と呼んでいますか?
(受付対応と書いていますが、ユニットの横なども含めてです)

例をあげると、3種類の呼び方があるかと思います。

割れてしまった入れ歯はお持ちですか?
割れてしまった義歯はお持ちですか?
割れてしまったデンチャーはお持ちですか?

さて、どれが正しいでしょうか?


結論から言うと
これが絶対に正しいという答えはないですよね。

まぁ、多数決をとると
入れ歯が過半数(6割くらい?)、義歯が少数派(4割くらい?)というイメージでしょうか。
患者さんの前でデンチャーは数%でしょう。

実は先日、私の歯科医院で
スタッフ同士で「入れ歯派」「義歯派」でどちらが良いか話し合ったのですが
決着がつきませんでした(笑)

入れ歯派主張
「義歯」なんて呼び方は年配の患者さんはしない。専門用語だと感じる人もいるから、わかりやすい「入れ歯」と呼ぶべきだ。

義歯派主張
隣や近くに患者さんの知り合いがいるかも知れないのに、「入れ歯」なんて呼んで、入れ歯だということを隠していたらどうするのか?


・・・正直、どちらも正論ですよね。

最近私が読んだ、歯科医院経営の本は「義歯派」でしたが
私個人としては、完全に「入れ歯派」を否定することはできないんですよね。

これを読んでいる歯科助手さんも
歯科医院ではっきりと決まっていなかったら歯科医師(院長)にぜひ、聞いてみてください。

ちなみに私は
できるだけ使い分けていますが、若干の「義歯派」です。


posted by ドクター at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手の受付対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。