インプラント再使用疑惑の歯科院長、自殺未遂

愛知県の豊橋市の歯科医院の院長(39)が20日朝、同県田原市の自宅浴室で首から血を流し、倒れているのを妻(36)が見つけた。

 この歯科医院については、同市の歯科医師会が19日、記者会見を開き、インプラント(人工歯根)治療で、一度使用した後に抜けるなどして回収したインプラントを別人に再使用している疑いがあると発表。県や豊橋市保健所は20日に医院を立ち入り検査することを決め、19日夜に院長に連絡をしたという。

 田原署などによると、院長は自殺を図ったとみられ、首の右側をメスで数センチ切って重傷を負い、病院で治療を受けているが、命に別条はないという。

 20日の立ち入り検査は中止されたが、同保健所の藤岡正信所長は「歯科医師会の発表などで、医療法上、事実関係を調査する必要があると判断した。今後、さらに県と対応を協議したい」と述べた。


同じ歯科医師として
インプラントの使いまわしが事実であれば絶句です。

自殺をする前にやるべきことがあるのではないでしょうか。

消毒、滅菌などの基本知識がない歯科助手さんが
指示されると、無知がゆえの犯罪を犯してしまうことにもなりかねません。

歯科助手さんも医療人です。
知識を身につけ、しっかりと守ることは守っていきましょう。


posted by ドクター at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。