歯科助手のバキューム7 右下の45(小臼歯)

歯科助手のバキューム7 右下の45(小臼歯)

一歯科医師の個人的な考えですので、歯科関係者による指摘や中傷はご遠慮下さい。

ひらめきCKの形成は?

基本的にはバキュームのアシストはあったほうが歯科医師としては助かります。
(67と比較するとできなくはないですが・・・)

バキュームの置く場所は舌側になります。
この際のバキュームの役割は唾液や水を吸うことももちろんですが
一番大切な役割は舌を圧排(押さえる)ことです。
特に67の形成のときと同じく舌側を形成するときには非常に大切です。

67のときと比べて舌を押さえるのは簡単です。
ただし、簡単なせいか集中力が途切れる歯科助手さんが多い気がします。
(私の歯科医院だけかも知れませんが・・)
患者さんが唾を飲んだりしたときに突然舌が上がってくることがあります。
そのときに集中していないと非常に危ないですね。

個人的な経験ですが
67よりも45のときに突然舌が上がってきて「危ない!」という瞬間が多い気がしますね。


ひらめきインレーの形成

個人的にはバキュームのアシストはあったほうが助かる箇所です。
個人的にはCKと違い、舌側の形成はないことがほとんどですが
歯科助手さんのアシストがあったほうが非常にスムーズに形成できると思っています。

もちろん、バキュームの置く場所は舌側で、
コツはCKの時と一緒です。


ひらめきCRの形成

バキュームのアシストが無くてもCKやインレーの形成よりはできますが、
歯科助手さんのアシストがあったほうが非常にスムーズに形成できます。

置く位置はもちろん舌側ですが
WSDの形成のときなどは、場合によっては水が異常に跳ねるときがあるので
そのときには頬側に置いたほうが良いでしょう。


ひらめき抜髄、感根処

正直、バキュームのアシストは右下の中では一番なくても大丈夫かも知れません。
もちろん、バキュームは持ってもらったほうが楽ですが。

特に舌が大きかったり、
舌がすぐに前に出てきてしまう人の場合はしっかり押さえて欲しいのはもちろんです。

67と比較して根管が少ないため(1本)抜髄、感根処の時間も短いのです。
(67のように3本もないですから)
つまり、当たり前ですがバキュームの時間も短いのです。
しっかり集中して舌側で吸ってください。



あくまでも一歯科医師の意見なので、
うまく自分の医院に当てはめて応用してくれればと思います。

一般的なバキュームの知識は
イラストで位置が載っている
歯科アシスタントMY BOOKデンタルアシスタントマニュアル 歯科臨床の基礎

もしくは

写真つきで載っている
歯科診療補助を参考にしてください。

また、口蓋側などの用語がわからない人や本気でじっくり勉強したい人はユーキャンの歯科助手講座などの通信で歯科助手の勉強をすすめます。



タグ:歯科助手
posted by ドクター at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手診療介助 バキューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。