歯科助手のバキューム6 右下の67(大臼歯)

歯科助手のバキューム6 右下の67(大臼歯)

一歯科医師の個人的な考えですので、歯科関係者による指摘や中傷はご遠慮下さい。

ひらめきCKの形成は?


基本的にはバキュームのアシストはないと厳しいでしょう
(できなくはないですが・・・)

バキュームの置く場所は舌側になります。
この際のバキュームの役割は唾液や水を吸うことももちろんですが
一番大切な役割は舌を圧排(押さえる)ことです。

特に舌側を形成するときには非常に大切です。

コツは説明が難しいのですが
バキューム全体ではなく先の細いほうだけを舌と歯肉の間に入れることです。

それがうまくできると力を入れなくても舌の力に負けません。

そして実際舌側を削っている位置に合わせて
そのときにバーが舌を傷つけないように
バキュームを動かすことで守ってあげることも歯科助手さんの大切な仕事です。


ひらめきインレーの形成

個人的にはバキュームのアシストはあったほうが助かる箇所です。

個人的にはCKと違い、舌側の形成はないことがほとんどですが
歯科助手さんのアシストがあったほうが非常にスムーズに形成できると思っています。

もちろん、バキュームの置く場所は舌側で、コツはCKの時と一緒です。


ひらめきCRの形成

バキュームのアシストが無くてもCKやインレーの形成よりはできますが、
歯科助手さんのアシストがあったほうが非常にスムーズに形成できます。

特に舌側にカリエスで穴が空いているときには
どんなCKやインレーの形成よりも難易度は上がります。

もしかするとバキュームの位置云々よりも歯科医師が機嫌悪くなってくるのが一番厄介かもしれません(笑)

実際に歯頚部にあるときには
バキュームの角度をきつくして歯科医師の視界も確保しなくてはいけません。

でも、角度をきつくすればするほど舌とぶつかります。

そのバランスをバキュームでうまく調整できると
デキル歯科助手さんであり、「○○さんは、さすがだねぇ」といった感じです。


ひらめき抜髄、感根処

正直、バキュームのアシストは欲しいですね。

まれにアシストのバキュームがなくて行うときもありますが
歯科助手さんのアシストがあるとないとでは大きく違うと思います。

特に舌が大きかったり、
舌がすぐに前に出てきてしまう人の場合はしっかり押さえて欲しいですね。

67以上に8の抜髄のときなどは
患者さんがオエッとならない位置にバキュームを置かないといけません。

CKのときに書いたコツと似ていますが、バキュームの先を舌と歯肉に入れます。
そして位置が8の少し遠心側だとスムーズなことが多いですね。


あくまでも一歯科医師の意見なので、
うまく自分の医院に当てはめて応用してくれればと思います。

一般的なバキュームの知識は
イラストで位置が載っている
歯科アシスタントMY BOOKデンタルアシスタントマニュアル 歯科臨床の基礎

もしくは

写真つきで載っている
歯科診療補助を参考にしてください。

また、口蓋側などの用語がわからない人や本気でじっくり勉強したい人はユーキャンの歯科助手講座などの通信で歯科助手の勉強をすすめます。



タグ:歯科助手
posted by ドクター at 12:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 歯科助手診療介助 バキューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歯科医院で働きはじめました。ひとつ疑問があります。
医師が義歯にレジンやろうを塗ったり作業をしているときライトをあてたほうがよいのでしょうか?
もちろん削るときはライト、エアーをかけたりしますが、よろしくおねがいします。
Posted by えりこ at 2011年06月19日 07:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。