歯科助手のバキューム1 左上の67(大臼歯)

歯科助手のバキューム1 左上の67(大臼歯)

一歯科医師の個人的な考えですので、歯科関係者による指摘や中傷はご遠慮下さい。

ひらめきCKの形成は?


基本的には歯科助手さんのバキュームのアシスト無しでできると思います。
頬側、近心、遠心はバキュームを持ってもらったほうがやりにくいくらいです。
(特に頬側ですね)

口蓋側だけは、ゆっくりと形成しなくてはいけないときや
頬粘膜がバキュームに「ブオッ」と巻き込みやすい人の時には持ってもらった方が楽だと思っています。

なので、基本的には私は自分で持ちます。

歯科助手さんは黙って見ていても仕方ないので、印象用のトレーなどを準備してくれています。

慣れている歯科助手さんは私が口蓋側を最後に形成するのを知っているので
ちょうど良いタイミングで、ヒョコッと手伝いに来ます。

傍から見ると、ただ戻ってきたように見えますが
私から見ると「わかっている時間を無駄にしない歯科助手」さんです(笑)

ひらめきインレーの形成

FCKと同様に基本的には歯科助手さんのバキュームのアシスト無しでできると思います。

あえて言うのであれば
遠心がとても見えにくくて、直視したいときは左に回って形成することがあります。

そのときには歯科助手さんに口蓋側にバキュームを置いてもらうと楽です。
(これはFCKでもいえることですね)

ひらめきCRの形成

FCKと同様に基本的には歯科助手さんのバキュームのアシスト無しでできると思います。
充填するときにアシストしてくれれば充分だと思っています。

ひらめき抜髄、感根処

やはり、FCKと同様に基本的には歯科助手さんのバキュームのアシスト無しでできると思います。

ミラーで確認しながら削っていくこともありますので
バキュームとミラーを持ち替えるのは大変なので、そういうときにはバキュームを任せるときもあります。

FCKやインレーの形成とは違い
基本的には咬合面からバーを入れていきますから頬粘膜を巻き込むリスクも低いです。

そこでボーっと見ているくらいなら
リーマーなどを準備してくれる歯科助手さんが私は好きです。
(デキル歯科助手というよりは2年目以降だと当たり前のレベルですが・・・)

あくまでも一歯科医師の意見なので、
うまく自分の医院に当てはめて応用してくれればと思います。

一般的なバキュームの知識は
イラストで位置が載っている
歯科アシスタントMY BOOKデンタルアシスタントマニュアル 歯科臨床の基礎

もしくは

写真つきで載っている
歯科診療補助を参考にしてください。

また、口蓋側などの用語がわからない人や本気でじっくり勉強したい人はユーキャンの歯科助手講座などの通信で歯科助手の勉強をすすめます。


タグ:歯科助手
posted by ドクター at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科助手診療介助 バキューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科助手資格ランキング
歯科助手資格ランキング
1位:ユーキャンの歯科助手講座  2位:ニチイ学館まなびネット  3位:ヒューマンアカデミー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。